09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ガンプラで ご飯3杯はイケる!?

ハマーンな嫁に怒られながらも、プラモデル製作を続ける日々、 ガンプラの製作がメインになります。その他いろいろ挑戦したいですね。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

コピック塗装 応用編 その1 キラキラさせたい。 

前回、前々回では貴重な体験をさせて頂いた大佐です。
知らない方々は是非、記事を読んで戴いて、笑ってもらえるなら幸いです。(笑)


さて、懲りずに続いてるコピック塗装講座。
応用編に突入させて頂きます。

キットにHGUCユニコーンガンダムDMを選択しました。
製作イメージは箱絵の感じみたいにサイコフレームの発光と、
外装に光が滲んでる様子を表現できたら良いなと考えてます。

しかし素組み、コピックだけでは、どうしても無理。

ここでサイコフレームの発光イメージとしてパール塗装を施す事に。

あくまで、サイコフレームのパーツだけです。

簡単に製作するというコンセプトを重視して、ランナーごと塗装します。
サイコフレームのランナーに缶サフ吹いて



下地として缶スプレーのシャインレッドを吹いて、



Mrカラーのパール塗料、ルビーレッドをエアブラシで、吹きます。



少しは発光イメージに近づけたでしょうか?



最後にガイアの蛍光クリアーを吹いて終了です。

素組みよりも、ちょい手を加えて違った雰囲気を出せればと思います。


FC2ブログランキングに参加してます。宜しければポチッとクリックお願いします。
スポンサーサイト

Category: コピック塗装講座

tb 0 : cm 3   

初体験 後編 「先生、そこは出口です!」 

前編の記事をご覧戴き、ありがとうございます。
続きをお待ちしていた方々にお知らせです。

※注意事項

前回よりも不適切な表現が、ございます。

セリフになっている部分は、大声を出して読むようにすると、臨場感が楽しめます。

前回のあらすじ…。

内視鏡検査を薦められた大佐、当日いざ市立病院へ…。

待っていたのは、1.8Lの下剤と、同じ物を飲んでる数人の患者さん。

下剤が減るにつれ、親近感が増える大佐と患者さん達。

一時の平和が訪れる。

しかし、その平和を切り裂く一言が、

「けんけさ~ん、第二検査室へ、どうぞ」

順番待ちの患者さん達の不安に満ちた視線を浴びながら、
大佐は出撃するのであった…。


第二検査室…ここが戦場か…。

大きな機械類やテレビ画面やら、見たことない物が沢山ある。

ひとつ、一人がやっと横になれる診察台があった。

「ここに横向きで膝を抱えて寝て下さい。」

と言われ、横向きに…。

こ、この姿勢は、まるで…。
失恋して、イジけて、ベッドに横になって泣いてた、あの頃を思い出すなぁ~。

なんて感傷に浸る暇もなく、短パンのお尻部分をまくられた。
そう、横になって膝を抱えると、お尻の黄門様がパックリ丸見えなのである。

は、恥ずかしい、死んでしまいたいくらいに…。
そう、恥死してしまいそうだ。

何の前触れも無く、
ズボッ!!
ローションが付いた先生の指が挿入。(多分、2本)

あまりの衝撃に、打ち上げられた鯉のように口をパクパクしてる間にも、

「はい、行きますよぉ~♪」

と、本命のカメラが入ってきた。
「はぅあ!」 の次に、
「痛ってぇー!」
いや、痛すぎるだろコレ…。

心の中で、
「せ、先生、この部分は構造的に出口であって、入り口じゃないですよぉwww」

「あ、ある主旨の方々にとっては、入り口かもぉwww」

「あ、確か出入り口って言葉があるしなぁwww」

と、考えながらも、どんどん入っていくカメラ

「イタタタタ!」 「アウ!」

もう、訳わからん声しか出ない有り様。

「息を、ゆっくり吐いて楽にして下さい。」

大佐、パニクり、
「ヒーヒー、フー」
「ヒーヒー、フー」


「けんけさん、それじゃ出産です。カメラ産む気ですか。(笑)」

上手い事、言ってくれるじゃねぇの。

「狭いなぁ~けんけさん、過去に大腸を手術した事ある?」

「ハイ、ゴネンマエニフクマクエンデ、ダイチョウヲキッテマス…。」

もう、返答はカタゴトの日本語しか出来ない状態。

「それじゃ痛いねぇ、痛み止め打とうか?」

最初からやってくれよ!頼むからwww

普通の人は、こんなに痛くないそうです。あしからず…。

「ハイ、オネガイシマス…デキレバ、イマスグ…。」

痛み止め(モルヒネ系)を急遽、点滴で投与してもらった。

おぉ、痛みが退いてく…。

「もう終点ですから、後は抜いていきますよぉ」

なんか、モニターからシャッター音が、よく見ると
抜きながら、大腸の画像を撮ってる所でした。

痛みが無くなり、モニターを見る余裕が出来た事もあり、
きれいなピンク色の自分の大腸が画面いっぱいに映し出されたのを見て、
「わぁ、綺麗なシャアピンク
と思わずポツリ

「え?シャアピンクって何?」

先生、突っ込むのはカメラだけにして下さいよ。

「もう、出口ですよ~。」
ズルッと抜かれた時、変な感触と共に、画面いっぱいの自分の黄門様とご対面。
地デジには不向きな絵面でした。(笑)

検査が終了して、すぐに結果が出たらしく、
診察台に横になったまま、先生の話しを聞く事に
すると、黄門様がムズムズしてきた。
そう、腸内にガスが貯まってるのである。

「けんけさんねぇ」
「ハイ…」 (ブー!)
「画像見る限りねぇ」
「ハイ…」 (ブー!)

返事とオナラが、ほぼ同時に出る始末。
いや、もうオナラで返事しているし…。

「検査結果は、何ともないですよ。」

と言われ、気が抜けたのか、いままでにないデカイ音で返事してしまった。

静かな検査室に響きわたる最大級のオナラ…。

は、恥ずかしい、
恥死してしまいそうだ。


「大丈夫ですよ~、皆さん同じですから、遠慮なく沢山出して下さいね。」

え、いいの?ウチじゃ離婚レベルだよ。
それじゃ遠慮なく行かせてイタダキマース。

ひとしきり、出し終わり戦場を後に、すると順番待ちの方々が、
「痛かった?大丈夫だった?」
と聞いてきた。まるで小学生のインフルエンザの注射待ちのようだ。

その中に50代とみられるオジサンが、自分に向かって
「やったな、兄ちゃん!」
的な、小さなガッツポーズをかましてくれました。
勿論、自分も小さくガッツポーズ。
麗しき男の友情である。あの後、オジサンがどうなったかは知らないが…。(オイ

とにかく戦いは終わった…。

帰りは嫁さんに迎えに来てもらったのだが、

道中、自分の黄門様をアップで見たことを話したら、嫁が
「イボ痔あったでしょう(笑)」
って、知るか!

結果的には、何とも無く心配しなくてもよいので、一安心です。

くだらないレポートにお付き合い頂き、ありがとうございます。

あ、そうそう、タマガンメンバーの方々、どうやら、
アッチの世界には、行かなくて済みそうです。

無事、名古屋なモデサミに行けそうです。

他のモデラーさん達にも会える日を楽しみにしてます。

当日、ちょっと内股になってるかもしれんがのぉwww

FC2ブログランキングに参加してます。宜しければポチッとクリックお願いします。

Category: 大佐の日常

tb 0 : cm 5   

初体験 前編 出撃前 

今回はプから離れた、お話し…。

※注意事項
内容の一部(いや、殆んど)に不適切な表現が有ります。
出来れば、食事中、食前食後の方々は、(居るのか?)
時間を置いてご覧下さいませ。


人間、生きていれば必ず体験する事がある。
初めて体験する事を「初体験」というが、人それぞれ違った経験が有るもの。

まさか、40歳になって初めて体験する物があるとは…。
それは、
「大腸内視鏡検査」

そう、黄門様からカメラを入れるアレです。

一言聞いただけでは???となると思うでしょう。
なので、検査の内容を今回の記事にしたいと思います。

数週間前、下腹部の痛みが「S字結腸憩炎」と診断され、
病院から内視鏡検査を薦められるハメに…。

検査前日から食事制限に入りました。
○前日
朝食 普通(消化の良いもの)
昼食 支給された、飲むゼリー
間食 支給されたビスケット数個
夜食 支給されたレトルトのお粥、味噌汁

水分は、水かお茶かスポーツドリンクのみ、

ほぼ、空きっ腹のまま仕事してました。

○検査当日

午前11時過ぎに病院に到着。待っていたのは


1.8Lの下剤と紙コップ1個
(圧倒されて、思わず写真撮っちまったい)

これを90分で飲み干さなければならず、悪戦苦闘。
味は何となくポカリ風味、でもあまり美味しくない。

自分以外にも、6名の患者にさん達が居ましたが、皆さんご高齢の方ばかり、

そこそこ広い控え室で、終始無言で下剤を飲み続ける人々…。

ツ、ツラい、この空気が非常にツラい…。

この間にも、便意が何度も発生し、トイレに駆け込む事、数回。

入れ替わり、立ち替わりトイレに駆け込む人々。

ツラい、この空気が非常にツラい、

こんな感じで下剤を飲み干した時点で、人間とは不思議な生き物でして、
同じ空間で、同じ行動していると、世代関係無く妙な親近感が発生する物で、
最後の頃には、和やかムードに。

看護師さんに自分の便を確認してもらうのですが、(ある意味、羞恥プレイ)
「けんけさん、OKです。」と言われると、
皆が、「おめでとう、検査に入れるね。」的な温かい目で見て下さいました。

「これに着替えて下さい。」と言われ更衣室へ、
用意されてた物は、ワンピースみたいな検査着と、
お尻の部分がバックリ空いた薄い生地の短パン。
(羞恥プレイ、その2)

「あ~、ここから入れるのか…」 なんて、しみじみ思いながら、スースーするお尻…。

いざ、検査室へ、順番待ちの方々に、
「けんけ大佐、行きまーす。」
と、心の中で敬礼…。

明らかに「いってらっしゃい」と言われた気がする。

どうせなら、セイラさんに
「あなたなら出来るわ。」
な~んて言って貰いたいよぉwww


今回のお話しは、ここまで、
次回、いざ検査室へ…出撃。
大佐と対峙するのは、ウドンより太いカメラ。(多分)
果たして、大佐の貞操は守られるのか?(無理)

halkさんの言う通り、アッチの世界に目覚めてしまうのか?

未知の体験に向かって撃ちまくれ大佐!(何を?)

次回 「初体験 後編 先生、そこは出口です!」

君は刻のナミダを見る…。

FC2ブログランキングに参加してます。宜しければポチッとクリックお願いします。

Category: 大佐の日常

tb 0 : cm 5   

嫁の前でも塗れる!コピック塗装講座その6 ひとまず完成 

またまた更新が空いてしまいました。
大変申し訳ありません。

いや~、再発してしまいました。
何でしたっけ?あ、あぁS字結腸憩室炎…。

今回は痛みが軽いせいか、薬を処方してもらって終了です。

名古屋のモデサミ前には万全の体制にしたいものです。

残念ながら、エントリーはしてませんよ。
超絶モデラー達の超絶作品を拝見させて頂く為です。

眼の保養と勉強させて貰います!


さて、コピック塗装講座のジムカスが完成近くなりました。


○コピック塗装を全体に施したら、墨入れです。

普通ならガンダムスミ入れマーカーを使用する所ですが、
仕上がりが、"如何にも線"という感じがちょっと違うなと思い、
自分が愛用している。




コピックマルチライナーです。
アルコール系でイラストや製図で使用されています。
ペン先は様々な太さがあり、色は黒や茶 があります。

スミ入れマーカー同様に墨を入れたら、消しゴムやカラーレスブレンダーで拭き取れます。
意外と重宝してます。


○デカールを貼り、水性のトップコートを吹いて完了です。




背面




アップ




○コピック塗装を解りやすくする為、あえて濃いめの配色にしてあります。
ここまで強調する必要性は無いので各自、好みの色あいで塗ってみては如何でしょうか。

○製作手順

①各パーツのゲート処理、合わせ目消し。
②溶剤系艶消しクリアーでコート。
③コピック CoolGray7番で縁に沿って塗装。
④コピック カラーレスブレンダーでボカシ。
⑤溶剤系艶消しクリアーをコートして、コピックを定着。
⑥ガンダムマーカーを使い、設定に沿って塗装。
⑦コピックマルチライナーで墨入れ。
⑧デカール貼り
⑨水性トップコートで保護。

これでコピック塗装の基本編は終了したいと思います。

お付き合い頂き、ありがとうございます。

次回は応用編(え?)
使用キットはこれです。



ユニコーンガンダム デストロイモードです。

皆様、もう少しこのくだらない企画に、お付き合い下さいませ。

FC2ブログランキングに参加してます。宜しければポチッとクリックお願いします。

Category: コピック塗装講座

tb 0 : cm 5   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。