09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ガンプラで ご飯3杯はイケる!?

ハマーンな嫁に怒られながらも、プラモデル製作を続ける日々、 ガンプラの製作がメインになります。その他いろいろ挑戦したいですね。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

MG Zプラス 2杯目 

今回は、スタッフから戴いたZプラスの製作にいきたいと思います。

残りのパーツを組みます。

脚部です。これも合わせ目が出ないように、しっかりとパーツ分けされてます。膝の関節にビスを通す仕組みですが、今回は塗装する事を考えてるのでビスは通してません。塗装後に通します。

F1000011_20100202162729.jpg

脚部の裏側。膝の裏側にパイプを通すのですが、パイプ自体柔らかく通しにくいです。規定の長さにカットしたら、両端を瞬間接着剤をチョンチョンとつけて適度な硬さにすれば、すんなり入ります。

F1000010_20100202162745.jpg

変形すると、こんな感じでになります。Zシリーズの特徴とも言えます。
F1000009_20100202162857.jpg

WR時の機首兼シールドです。これがあるからこそWR形態が映えます。

F1000006_20100202162945.jpg

背部のバインダです。Zガンダムとは違いシンプルです。ウイングの部分にオレンジのラインがありますが、なぜかシールで再現するようになってます。

F1000008_20100202162921.jpg

ビームライフルです。全体に合わせ目がでる造りです。真ん中のオレンジのパイプ部分はマスキングの処理をしようか考え中です。

F1000007_20100202162956.jpg

ビームサーベルです。柄のパーツは腰部?にあたるビームキャノンの部分に格納されます。2本分あります。ビーム刃の色がブルーで微妙な感じ。

F1000005_20100202163017.jpg

全体です。Zシリーズの特徴あるスマートな体つきです。このままでも十分ですが、塗装までやってみたいと思います。


F1000004_20100202163027.jpg

WR形態です。やっぱりかっこいい。各パーツのロックもしっかりしています。ただ股関節の部分だけは気をつけないと、変形中に破損しかけない感じですので慎重に。

F1000003_20100202163037.jpg


やっと素組が完了です。早く全体像を見たかったのとWR形態への変形プロセスを楽しみたいという気持ちだけが先行してしまい、なかなか上手く出来ませんでした。

これから、各パーツに分解、表面処理を行い、塗装といきたいと思います。
先にサキガケを仕上げてからになりますが…。

あっ、リックディアスも残ってた~!!
スポンサーサイト

Category: MG Zプラス

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 4   

MG Zプラス 1杯目 

皆様、お疲れさまです。

ここのところ、リンク先の方々がABで盛り上がってるのを、羨ましいと思いつつ、
マイペースでガンプラ製作に励んでいる大佐です。

あー、ブシアへ先に進みてぇーと仕事中に悶々としてたら、男性アルバイトスタッフから
「社長、これ どうぞ。」とガンプラを戴きました。

 これです。
  ↓
P1010001_20100123152912.jpg

MG Zプラスです。 ナイスです。貼ってある値段にもビックリです。(1,200エンナリ)

偶然見つけたようです。箱は中古扱いのため少々痛んでますが、問題なし。
日頃から、ガンダム、ガンダムと言っているからなのか、スタッフまで影響を与えることに
・・・・。(あ、ちゃんと仕事はしてますよ。お母ちゃん)

さてこのZプラスですが、我慢できないので作っちゃいます。だって可変MS大好きなんだもん。

MGの中で可変タイプは初めてになります。以前にHGUC EX-sガンダムを製作した時に
MGもいいなぁと感じ、練習を兼ねて製作したいと思います。
よくみると、発売から8年以上経過しているキットですが、古臭さを感じません。




まずは腕部から

P1010008_20100123153043.jpg

合わせ目が出ないよう、工夫されています。可動もしっかりしています。




次は頭部

P1010006_20100123152936.jpg

マスク部分の後ハメも簡単に出来る様になってます。全体的に細く削り込む予定です。




おまけ

P1010007_20100123152948.jpg

ブレードアンテナは可動タイプと固定タイプと選べる様になってます。これは固定タイプ。




胸部です。

P1010005_20100123153001.jpg

腰部の部分と一体になってます。変形のキモの部分だけにパーツ類も細かい、細かい。




裏面

P1010004_20100123153012.jpg




頭をセットしてみました。

P1010003_20100123153024.jpg




変形時には、こんな感じになります。

P1010002_20100123153035.jpg

キレイに頭がすっぽり入ります。



次は脚部、バインダー部分に行きたいと思います。

とりあえず全体像をつかむため素組して、塗装するための計画を立てようとおもいます。
可変タイプの塗装は1/144ユニオンフラッグを製作しただけで、MGクラスは初めてです。

Zガンダムシリーズは可変MSが沢山出てくる。夢のようなアニメでした。やっと憧れの
Zタイプの製作が出来る事にちょっと感動してます。


Category: MG Zプラス

Thread: ガンプラ制作

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 9   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。